血痰が引き起こしかねる病気
血痰が引き起こしかねる病気として、肺炎、気管支炎、気管支拡張症、慢性気管支炎、肺水腫、肺結核、肺血栓、肺梗塞などが挙げられます。

ただ今からはそれぞれ詳しく説明いたします。

まずは肺炎や気管支炎です。今、血痰という症状の発生率が最も高い病気だと思われます。そして、二つとも慢性的な痰やせきなどが続いて、とうとう血痰になりますという。

次は、気管支が拡張して元の姿には戻らなくなることを気管支拡張症と言います。症状としては、痰のほかに、咳、血痰、発熱、呼吸困難も起こるかもしれません。また、悪臭のある膿性の痰が続くのが特徴です。

また、喫煙者は慢性気管支炎にかかったら、血痰も出てきます。しかも、危険な病気も潜伏しているかもしれません。

続きましては肺水腫です。水が肺に溜まる状態のことで、発作性はあんまり強くありませんけど、少ない痰が数日間続き、また呼吸困難が主な特徴になります。

肺は結核菌に感染されたら、肺結核になります。発熱、胸痛、血痰、体重減少、咳などが主な症状です。

肺血栓症とは肺血管に血栓ができるので、血流が途絶える病気です。痰は粘り気があって、咳もでて、まして血痰も見られるのは症状です。

最後に、肺梗塞をご紹介いたします。というのは血液が肺細胞に行き届かなくなり壊死した状態のことです。この場合では、乾いた咳に加え、激しい胸痛、息切れ、呼吸困難、血痰などの症状もみられます。



注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




血痰, 痰 絡む, 肺炎 痰, 肺がん 痰, 痰 続く


Copyright © 2014 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。