歯周病に効く飲み薬があります
歯周病は「歯槽膿漏」とも呼ばれています。歯周病の薬としてこれまで市販されているものは、殆ど一時的に炎症を抑えるための抗生剤で、根本的に歯周病の進行を食い止めるものはありませんでした。

歯周病は細菌が原因で引き起こされる病気と考えられ、細菌の固まりである歯石を、時間を掛けて取り除くことは最も一般的な治療方法とされていました。

ところが、最近になって歯周病の原因が、実は「カンジダ」という黴菌と深く関わっていることが解ってきました。歯周病患者の歯茎や歯の表面組織に、カンジダ菌やその胞子が侵入しており、歯石の大部分も実はカンジダ菌だったことが判明されました。

この新しい事実を元に、歯周病嫌気性菌に力を発揮できる抗生剤と抗カビ剤が開発され、歯周病の治療に大きな効果があることが実証されました。

では、歯周病に効く薬を2種類紹介いたします。

●ジスロマック



「ジスロマック」は1日1回2錠、3日ほど続けて服用すると、歯周病嫌気性菌に対して強い抗菌力を発揮します。ファゴザイトデリバリーという特殊な性質を持っており、局所感染を集中的に、力強くやつける抗菌力が1週間〜2週間ほど発揮し続けます。副作用が非常に少ないというのも、大きなメリットです。

●ファンギゾンシロップ

ファンギゾンシロップは液体の飲み薬です。元々は歯周病の薬ではなく、消化器のカンジダ菌の増殖を抑える薬です。ところが、歯周病の薬として使うのに、本来消化器への使用よりも吸収率が高く、より効果が期待できることが発見されました。

歯周病の薬として最も効果的な使用方法があります。丁寧に歯磨きした後、ファンギゾンシロップを口に含みます。薬効が口の隅々まで満遍なく行き渡るように、そのまま30分くらい含みます。その後は飲み込んでもいいし、吐き出して構いません。

効き目は歯周病の程度によって個人差がありますが、大体1週間で明らかな効果が出てきます。事前に歯科医院で歯垢や歯石を取っておいたほうが、より効果的です。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




歯周病 薬, 歯周病 大阪, 歯周病 膿, 歯周病 細菌, 歯 歯周病


Copyright © 2014 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。