老人に多発するめまいの原因
老人には、めまいの症状を訴える人が多いです。その場合は、大体次の変調からきたしていると考えられます。

1.平衡感覚の衰え

年を取るにつれて、内耳や前庭神経、前庭神経核、大脳皮質などの神経が老化の影響を大きく受けます。そのため、情報の処理と伝達能力が低下し、平衡感覚が悪くなり、めまいが起こりやすくなります。

2.血圧の調整機能の衰え

老人の場合は、血圧の調節機能が低下し、血圧の変動が大きくなります。その結果、脳幹や視床、大脳皮質に酸素と栄養が充分に届けられなくなり、めまいが起こりやすくなります。

3.病気

加齢と共に、高血圧、糖尿病、動脈硬化症などの病気に罹ってしまう人が多くなります。これらの病気や治療薬の副作用によって、めまいが頻発することがあります。

また、高齢者の場合は、めまいを訴えても、原因を判明できないケースがあります。例えば、若い人であれば、めまいの他に、難聴や耳鳴りも同時発生するなら、耳の問題だと見当たりがつきます。しかし、高齢者の場合は、元々耳鳴りや老人性難聴の持病がありますので、なかなか判断しにくいのです。症状が同時に出ても、必ずしも耳の問題とは限りません。

そして、めまいの感じ方も典型性に欠けることが多いです。グルグル回る感じなのか、左右に揺れるような感じなのか、主訴する症状がはっきりしない人もたくさんいます。従って、診断も難しくなります。

高齢者のめまいと直結する原因は複数存在しますが、最も多いのは、

1.起立性低血圧

2.椎骨脳底動脈循環不全

3.脳梗塞・脳出血

4.脱水

という4つが挙げられます。中でも、起立性低血圧によるめまいは一番多発しています。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




老人 めまい, めまい 手のしびれ, めまい 発熱, めまい 脳, 下を向く めまい


Copyright © 2014 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。