急性胃炎による胃痛と腹痛
急性胃炎の主な症状には、突然に出てきた腹痛や胃痛、吐き気、嘔吐、ひどい場合は吐血などがあります。また、人によって起こる症状もそれぞれ違いますが、上記のような激しい症状が良く見られるものです。そのため、胃痛や腹痛が起こる時に、まず考えられるのは「急性胃炎」です。

急性胃炎は、外因性のものと内因性のものという2種類があります。外因性の場合は、単純性胃炎と腐食性胃炎が挙げられます。また、内因性の場合は、完成性胃炎、化膿性胃炎とアレルギー性胃炎があります。

その中で、単純性胃炎は一番良く見られています。解熱剤や鎮痛剤などのような治療薬や、アルコールやカレーのような食品が単純性胃炎を引き起こしやすいそうです。また、ストレスもその原因の一つだと思われています。単純性胃炎の症状として、胃痛や心窩部痛や腹痛などが現れたりします。

単純性胃炎の治療には特に入院する必要がありません。その原因だと思われる食品を止めたり、精神的と肉体的安静を保つのが進められます。また、胃痛や腹痛が出た急性期には、絶食が治療の原則だと思われていますが、脱水を防ぐように点滴の利用が必要とされています。それから、痛みが徐々に無くなった回復期の食べ物は、お粥やスープから少しづつ固いものへと変わるのです。

単純性胃炎以外の急性胃炎は、下記のようなものです。

誤飲、或いは自殺を目的で強酸や強アルカリを飲んだときに腐食性胃炎が起きやすいです。焼けるような胃痛や腹痛が感じるのは主な症状となっています。

化膿性胃炎は細菌が胃の爛れなどから侵入することによる胃炎のことです。これは、重篤な疾患だと思われています。その症状には、胃痛や腹痛、悪感戦慄、高い熱などがあります。

アレルギー性胃炎は牛乳や卵、魚などによる胃粘膜のアレルギー現象です。この病気に伴って、気管支喘息かじんま疹などが現れたり、胃痛や吐き気がしたりします。

腐食性胃炎や化膿性胃炎、それからアレルギー性胃炎が発症した場合に、直ぐに入院して診察と治療を受けたほうが良いと思われています。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




胃痛 腹痛, 妊娠初期 胃痛, 胃痛 下痢, 胃痛 治療, 胃痛 呕吐


Copyright © 2014 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。