ストレスと急性胃腸炎の関係
急性胃腸炎とは、突然に発熱や嘔吐、腹痛や下痢などが発症する急性胃腸障害のことを言います。何の前触れもなく、いきなり襲ってくる病気で、症状が急速に重症化するケースが多く見られます。

急性胃腸炎になる原因は、インフルエンザによるウイルス性胃腸炎が一般的ですが、他には食中毒やペットから感染することもあります。

原因はどうであれ、急性胃腸炎の基本治療法は同じです。医師の診断を受け、脱水状態にならないように水分を充分に補給するようにします。そして、安静して経過観察をします。

急性胃腸炎は名前で示した通り、主に胃炎と腸炎に分けられます。急性胃炎は、胃の粘膜に炎症が生じることにより急激に発症し、酷い場合は出血や糜爛が見られ、胃潰瘍に至ることもあります。

急性胃炎は日常的によく見られる病気です。暴飲暴食やお酒の飲みすぎ、過敏反応などが挙げられますが、ストレスも主な原因の一つになっています。

ストレスは万病の元で、胃腸は特に影響を受けやすい臓器です。ストレスの刺激が脳に伝わると、脳は胃酸の分泌を促す指令を出します。胃の動きが活発になり、胃粘膜の血流が減少します。過量な胃酸は胃粘膜を蝕み、胃粘膜が荒れてしまいます。

急性胃炎の治療法は原因を確認した上、症状に合わせた薬を服用します。激しい胃痛や吐き気に襲われた場合は、くずくずすると症状が更に悪化しますので、早急に病院の胃腸科で治療を受けましょう。



注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




急性胃腸炎 ストレス, 田畑胃腸病院, ストレス性胃腸炎, ウィルス 胃腸炎, 胃腸薬 ランキング


Copyright © 2014 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。