頭皮ケアの基本は正しいシャンプーの仕方
シャンプーを一杯手に取り、髪にべっとりと塗り、たくさん泡立てて、痒い所を思い切り爪でゴシゴシ掻いて、熱いお湯でサッと洗い流す...このような手順でシャンプーしている人はとても多いのではないかと思います。しかし、爽快に見えるこのシャンプーの仕方は、頭皮に多大な負担をかけてしまうのです。

髪は頭皮から生えてきます。頭皮が傷んだり弱ったりすると、髪も生えにくく、抜けやすくなります。これは土が悪いと、植物がうまく育たないと同じ原理です。髪の健康を保ちたいなら、頭皮ケアをしっかり行うことは重要です。そして。頭皮ケアの基本はシャンプーからです。

では、どうしても上記のシャンプーの仕方は頭皮に負担をかけるのかを見てみましょう。

◆シャンプーをたくさん使う

シャンプーは、泡がたくさん立てば洗浄効果も高いというわけではありません。市販のシャンプーのほとんどには、界面活性剤が配合されています。少量でも十分な洗浄力を得られます。界面活性剤は髪と頭皮をきれいにしてくれますが、たくさんつけすぎて、洗い流したあとも頭皮に残留してしまうと、毛穴に詰り、頭皮環境を悪化させる原因となります。

◆シャンプーを直接髪の毛に塗る

シャンプーの主な洗浄対象は髪ではなく、頭皮なのです。ほよどのことがない限り、髪の毛についた汚れはほこり程度でしょう。お湯で流すだけで簡単に取れます。しかし、頭皮が分泌した皮脂は、シャンプーなしではなかなか取れにくいのです。従って、シャンプーを頭皮に揉み込むようにして洗うのは、洗髪のコツといえます。

◆爪をたてて掻く

痒い所を爪で思い切り掻くのは気持ちがいいでしょうが、頭皮を傷つけてしまう可能性あります。指の腹を使って、頭皮を優しくマッサージするように洗うのは、正しい洗髪方法です。

◆熱いお湯で洗い流す

お湯の温度が高すぎると、頭皮への刺激が強く過ぎて、頭皮が乾燥しやすい原因になります。なるべくぬるま湯を使うことを意識しましょう。また、シャンプーをつける前に、しばらくぬるま湯で髪と頭皮を十分に濡らしておくのも、頭皮をいたわり、皮脂を落としやすくする方法です。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




頭皮ケア シャンプー, フケ シャンプー, 頭皮 フケ, 女性 抜け毛, 抜け毛 本数, シャンプー 評価


Copyright © 2017 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。