糖尿病網膜症の症状・原因・治療
糖尿病網膜症の症状・原因・治療

糖尿病のため、眼の底にある神経の膜である網膜に出血やむくみ、網膜剥離などの変化が起こってくる病気です。日本では、糖尿病が急速に増加し、それにつれて糖尿病網膜症も増えています。糖尿病網膜症は代表的な糖尿病合併症のひとつです。しばしば失明に至る病気で、最近では、日本の中途失明の原因の第2位を占めています。

・症状

症状は、眼底の中心にある黄斑部の網膜にむくみが出る黄斑症や、硝子体出血や網膜剥離を起こす増殖網膜症があります。黄斑症では、視力が低下したり、物がゆがんで見えたりします。増殖網膜症では、視界が暗くなったり、視力低下が起こります。硝子体出血が起こると、症状は突然現れます。どす黒い雲がかかったようになったり、視野全体がまったく見えなくなったりします。ただ、初期はほとんどが無症状です。

・原因

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、ものを見るために重要な役割をしています。網膜には光や色を感じる神経細胞が敷きつめられ、無数の細かい血管が張り巡らされています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したりつまったりします。血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。

新生血管はもろいために容易に出血を起こします。また、出血すると、網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきます。その結果、眼の中全体の出血(硝子体出血)や網膜剥離が合併し、最終的に失明に至る可能性が出てきます。

・治療

糖尿病網膜症が軽度の場合は進行していないかどうか、経過観察で良いです。血糖コントロールをしっかり行い、糖尿病網膜症が進行しないようにすることが重要です。一方、糖尿病網膜症が進行してしまっている状態の場合は、それ以上の進行を抑えるために、レーザー治療や手術が必要となります。定期的に眼科で見てもらうことが大事と言えます。医師と良く相談の上、治療をして下さい。

・必要な検査

視力検査、眼圧検査、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査、眼底造影検査などで診断します。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




網膜, 白内障の手術 名医, 白内障 見え方, 白内障 原因, 白内障 サプリメント, 白内障 多焦点


Copyright © 2017 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。