貧血症にはどんな症状がありますか?
1.貧血症とは

貧血症は血液の病気に属して、全身を流れる血液に酸素がたっぷり含まれていないせいで、体内の各器官に酸素が行き渡らなく、機能が損なわれるという症状を指します。

貧血症と聞いたら、まず頭に思い出すのは眩暈や怠さです。実際には、貧血症の症状にはそれら以外に、さまざまあります。全身に酸素が行き渡らないので、全身に症状が現れるはずです。

では、貧血症にはいったいどんな症状がありますか?

2.貧血症の症状について

1) 疲れやすい、怠い、動悸を感じる

体内に酸素が足りなく、軽い酸欠状態になっていることがあります。動悸や胸の痛みを感じることも見られます。

2)身体が重い、眩暈を感じる 

酸素不足が、特に脳に影響している時に、しょっちゅう現れる症状です。朝が起きにくかったりするなどの軽い症状も見られます。

3) 顔色が白い

ヘモグロビンが足りないことで、血液の色が薄くなってしまい、顔色が白くなってしまうという症状が現れます。

4)呑み込みにくい、食欲不振や異食症が見られる

食欲不振や吐き気を催したり、下痢や便秘を招いてしまうことも見られます。また、食べ物を呑み込みにくくなることも見られます。

氷食症について 

「氷食症」は貧血症の一種類で、20%の女性はその「氷食症」に当てはまるそうです。貧血症の症状の一つとして最近かなり話題になっている氷食症 というのは、冷たい物をとても多く摂取したという異食症のことを指します。

冷たいものが大好きで、平日から氷を多く食べて、火を通したものをあまり食べないという人は氷食症の疑いが高いです。気になる人は、一度病院へ行って診断を受けったほうがいいです。

貧血症の症状を見誤る

貧血症の症状は、上記に列挙した通りたくさんあります。眩暈やだるさ等を感じた時には、自分でストレスのせいである等と間違った判断をしないで、病院に行って原因を突き止めたほうがいいと思います。 

一つ一つの症状には、色んな病気の症状と同じものがありますので、軽視していけば、 今後大変な病気になる可能性があります。そのため、少し心配な症状が現れたら、病院へ行って検査してもらったほうがいいです。

注意: 著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。




貧血症 症状, 貧血 症状 生理, 貧血 サプリメント, 貧血 サプリ, ダイエット 貧血, 貧血 薬 副作用


Copyright © 2017 健康と病気の情報 All Rights Reserved.
Ukenkoは医師の意見や診断、治療を提供しません。著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。